MENU

チョコレートを食べて口臭予防ができる?

口臭予防には甘いものは厳禁です。口の中は弱アルカリ性に保つことで、細菌の繁殖を防ぎ唾液の粘りや不快な臭いを防ぎます。甘味料の含まれた食べ物は多くが酸性なので、食べ過ぎれば口の中が酸性に傾いて口臭の原因となります。ところがチョコレートに口臭を防ぐ効果が認められています。

 

チョコレートの有効性

 

お菓子として人気の高いチョコレートは、古くは医薬品として民間で利用されていましたが、最近になって含有成分の有用性が見直されています。例えばエピカテキンの含有量は緑茶よりも多く、血管を拡張する働きがあります。高血圧・動脈硬化の予防と改善に効果を発揮するほか活性酸素の除去をする抗酸化作用があります。抗酸化作用は口臭予防に役立ちます。またカカオポリフェノールは、強力な抗菌・殺菌作用を持っています。得られる効果には虫歯菌に対する抗菌作用、歯周病への殺菌作用、口臭予防、口腔内の清浄などがあります。食べ方に工夫をすればチョコレートを食べながら口臭予防が出来ます。

 

どんなチョコレートでもいい?

 

チョコレートに含まれる成分は口臭予防に役立ちますが、どのような種類でもよいということではありません。安価なお菓子にはカカオポリフェノールの配合率は低いです。コンビニやスーパーマーケットの商品陳列棚には機能性を付加したお菓子が多数取り揃えられるようになりました。口臭予防などの健康効果を目的としているのなら、カカオの配合率は出来るだけ高いタイプが効果的です。最低でも70%が理想です。ミルクチョコやホワイトチョコは混ぜ物が多く甘味も強いので、ブラックを選ぶとよいでしょう。ブラックでカカオを高配合していると苦みが強いので、甘い飲み物が欲しくなります。しかし口臭予防を目的としているのなら、甘味のある飲み物は避けます。糖分は口の中の細菌の繁殖を促進するので、カカオポリフェノールやエピカテキンを摂取した意味がなくなります。