MENU

口臭予防ができる歯ブラシについて

口の中に不快感を感じないようにするには清潔にすることが必要です。口の中や歯ぐき、歯間に残った食べ物のカスが残って腐敗臭となることがあるのでブラッシングは不可欠です。最低でも1日1回、出来れば毎食後30分以降に実施すると効果的です。

 

歯磨きの方法がポイント

 

食後に歯磨きをすると口の中がさっぱりとしますが、間違った磨き方をしていると口臭予防だけでなく虫歯・歯周病の予防効果も得られません。正しいブラッシングの方法を実行することが大切です。口臭が気になって食後すぐにブラッシングをする人がいますが、歯の健康を考えた場合には食後すぐではなく30分以上経過していることがポイントです。また歯磨き粉をブラシにたっぷりとつけて、口の周りを泡だらけにする必要もありません。歯磨き粉はブラシの長さに対して半分程度にします。特に口臭予防を心がけている人は、除去効果の高いアイテムを用いると良いでしょう。歯1本1本を磨くつもりで丁寧にブラシを当て、歯茎、歯間にもブラシの毛が入るようにします。左右に動かすのではなく、歯茎に対して下から斜め45度にブラシを当てて上下に動かすようにします。

 

歯ブラシは複数に種類を使用する

 

口臭予防をして口腔内を清潔に保つには、複数のアイテムを利用すると効果的です。通常の歯ブラシを使用した後に、歯間ブラシ・デンタルフロスを用いて、ブラシだけでは取り除けなかった歯垢を掻き出します。定期的に歯医者に行って、歯の健康チェックや歯垢・歯石の掃除をしてもらうことも口臭予防になります。どんなアイテムを使用しても口臭がなくならないと悩んでいる人がいますが、原因の多くは歯の磨き残しによる歯垢の腐敗です。正しい歯磨きを実行するだけで、口の中が健康になってネバネバや嫌な臭いの予防になります。

 

歯磨き粉を選ぶ

 

虫歯や歯周病もなく臭いが気になっているのなら、歯ブラシだけでなく口臭予防用の歯磨き粉を選ぶことで改善出来ます。通常なら虫歯予防、プラークコントロール、フッ素配合の製品を使用すれば良いのですが、口臭予防という目的がある場合には専用の歯磨き粉を使用することです。目的に合った歯磨き粉と正しいブラッシングを継続すれば、不快な臭いを軽減出来ます。