MENU

口臭予防ができる漢方薬とは

口の気になる臭いはうがい、丁寧な歯磨きでほとんどの場合には改善出来ますが、漢方薬を利用した口臭予防の方法もあります。漢方薬は即効性は期待出来ませんが、ある程度の期間をかけて使い続けることで少しずつ嫌な臭いを軽減出来ます。

 

病院で処方してくれる漢方薬がある

 

口臭の原因は大きく分けると口の中か内臓疾患にあります。ほとんどの場合は虫歯、歯肉炎、歯槽膿漏、舌苔、ドライマウスなど、口の中のトラブルが原因です。解消するには歯科医院・口腔外科での治療が適切です。原因がはっきりとしない場合には、口臭外来を受診して検査をするとよいでしょう。病院の中には治療と並行して口臭対策に漢方薬を取り入れている施設もあります。

 

体質によって処方が異なる

 

歯科医院で処方する口臭予防の漢方薬はだいたい体質を参考にしています。血行が悪い、血中コレステロールが多いなどの理由で血液がドロドロ状態にある人には血の道症を改善する効果のある桂枝茯苓丸などが処方されます。またドライマウスなどで唾液の分泌量が少ない場合には、乾き改善の効果がある麦門冬湯、痰のキレが悪く胃腸の調子が芳しくない場合には、体液をサラサラする働きのある竹茹温胆湯などを処方します。口内炎が出来やすい体質の人は体の熱を冷ます効果のある黄連解毒湯、逆に冷え性の体質には十全大補湯など冷えを改善して新陳代謝を上げる効果のある漢方薬が処方されます。そして口臭予防に効果がある漢方薬には、口の中に潤いを与えるという共通した特徴があります。

 

市販品の口臭予防効果のある漢方薬

 

漢方薬は市販品も多く出回っています。第1類医薬品以外なら自分で効能や注意書きを読んで購入出来ます。漢方薬を販売しているメーカーのうち、ツムラ、カネボウ、クラシエなどは多くのドラッグストアで販売されています。第2類医薬品がほとんどですが、同じような効能でも薬の配合が異なるものが多いです。自分の状態や体質にあったものを選ぶには、薬剤師に相談すると安心です。漢方薬局ならエキスパートがいるので、市販品だけではなく体質に合った薬を調合してもらうことも可能です。